2008年8月 1日 (金)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!243

懐かしい絵本を見つけました…。(久しぶりに『絵本』です 笑)。

40年近く前からある、「かさもっておむかえ (こどものとも傑作集 47) (こどものとも傑作集 47)」です。

つまり、携帯もパソコンも無かった、不便だけど暖かさを感じる時代の絵本です。

雨が急に降り出した夕方、かおるは傘を持って、駅までお父さんを迎えにいきます。

ドロップを舐めながら、「あめふりのうた」を歌いながら駅へ向かいます。駅は大混雑(ここは現代と変わりませんね 笑)。電車が次々と到着しますが、お父さんはなかなか現れません。外は暗くなり、とうとう、かおるは駅の中でたった一人になってしまいます。

そんなかおるの膝を、誰かがポンポンと叩きます。かおるがその誰かを見るとー!

前半は、雨が降ってお迎えに行く、というありふれたお話ですが、後半は、かおるが体験した「不思議な出来事」が可愛らしく書かれています。『お父さんがなかなか来なくて、不安になった』かおるが生み出した出来事なのでしょうが、どういうわけか、かおると一緒に読み手も、この不思議な世界にスッと入っていけます。

絵も懐かしくて、素朴な感じがするものですね。私が子供の頃に読んだ絵本は、こんな感じが多かったのでしょうか(笑)。最近の絵本は、色が鮮やかできれいですよね。なので、たまには、こういった絵本も良いかと思います。

絵と言えば、かおるの顔が正面から描かれているものが一つもありません。後ろ向きか、横顔くらいです。ここにも、作者の思いが隠れているー私はそう思っていますが、どうでしょう?

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!242

タイトルは、「小さなコックさん (講談社文学の扉)」とありふれた?感じがしたのですが、表紙の絵に不思議な雰囲気が漂っていて、娘だけではなく、私も何となく惹かれて読んでみました。

明日から夏休み。小学5年生のシゲオは荷物を纏めて家に帰る途中で、見たことも無い黒い階段とその踊り場に貼られた紙を見つけます。

そこは、二階なんてあるはずのない、一階建ての屋根のある商店街の中。

不思議に思ったシゲオは一度家に戻り、そこへ向かいます。

貼紙には、「小学生だけのためのレストラン」と書かれていて、自分のお小遣いでご飯が食べられると説明してあるのです。

両親がいないシゲオはおばあさんと二人暮らし。仕事で忙しいおばあさんは、シゲオと一緒にご飯を食べられない事が多いのです。

今日も一人でご飯を食べなければならないシゲオは、このレストランに足を踏み入れます。そこでシゲオを待っていたのはー。

出てくる食事がどれも美味しそうです。読んでいると食べたくなります(笑)。いろんな国のいろんな食べ物が出てきます。この小さなコックさんが料理の説明をしてくれますが、これがまた、料理を更に美味しそうに感じさせます(笑)。

物語の中で、シゲオが「お料理世界旅行だ!」なんて言っていますが、正にそうです。

でも、やっぱり、店の中にもコックさんにも不思議な雰囲気が漂っています。その秘密はなかなか掴めませんし、読んでいるほうもなかなか想像できないと思います。

このコックさんの正体は思わぬところから判明するのですが、その正体には、悲しく悲惨な過去が隠されています。

コックさんがどんな気持ちでこのレストランを開いたのか…。想像すると本当に悲しくなってしまう結末ですが、忘れられないお話だと思います。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!241

いわゆる、『不思議な世界』を題材にした本はたくさんあります。例えば、『四次元の世界』とか、『夢か現実か?分からなくなる』とか、『不思議な空間』とか…。SF小説に近い、と言えば良いのでしょうか。

ホラー小説とは違う、別の意味の怖さがあります(汗)。

子どもの本にもあるようですね~。

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)」は、そんな本に分類されると思います。

私だけかもしれませんが、題名からは、そんな本だとは考えられませんでした。なので、読んでみて、ちょっと驚きました(笑)。

5つの短編が収められています。どれも、『主人公がふとした事から迷い込んだ不思議な世界』が書かれています。

怖いですね~。

「もし、自分がこんな状況に陥ったら!!」…。

おそらく、冷静ではいられないでしょう。

この本の主人公たちも(みんな子どもですが)、その奇妙な状況から這い出そうと焦ります。いろいろ試みます。だけど、なかなかうまくいかず…。

どれも面白く、ゾッとするような話でしたが、私は「ぼくは5階で」が一番でした…。

両親が共働きの少年が、家に戻ってきます。これから、友だちと野球をする約束になっています。支度をして出掛けようとするのですが、ドアに違和感を感じます。でも、それがたいした事だとは思わず、外へ出ようとするのですがー。

この本に収められているお話に共通するのは、全て自分の家や自分の家の周囲でその奇妙な出来事が起こってしまうという事。

当たり前で、いつもの事で、見慣れた景色で…。そこに『奇妙な世界への入り口』があるなんて、想像もしないと思います。

だからこそ、怖いですね…。何かの拍子に、その『奇妙な世界への入り口』へ足を踏み外してしまったら…。ついつい想像してしまいます。「いつもと違う事を考えてしまうと、その落とし穴へ落ちてしまうのでは?」なんて事も考えてしまいましたし(笑)。

身近だからこそ、恐怖を感じてしまうーそんな本でした。子どもの本という事になってはいますが、大人も十分楽しめると思います。

もちろん、娘も読んでいます。そして一言…。

「そんな事ありえないとは思うけど、怖い…」

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!240

今回は、動物好きな娘の好みである(笑)、動物が主人公の本をー。

絵が丁寧できれいだったので、思わず惹かれてしまった、「魔女のこねこゴブリーノ (世界傑作童話シリーズ)」。

題名から想像がつくように、『魔女ねこ』として生まれた、ゴブリーノ(オス)のお話です。

この本に登場する、魔女とその魔女が飼う『魔女ねこ』。どちらも魔法が使えて、意地悪で人間に忌み嫌われているものとして扱われています。なので、この魔女やねこが、何かを「かわいそう!」なんて思うことはあり得ないと言うのです。

でも、ゴブリーノは少し違っていました。

妹のスーチカは魔女のねこらしく、「魔法が使える立派な魔女ねこになりたい!」と願うのですが、ゴブリーノは「普通のねこになって、人間に可愛がられたい!台所ねこになりたい!」と願うのです。

それだけではありません。ある日、ゴブリーノの目の色や毛が他のねこと違っている事が発覚するのです!その事でゴブリーノを責める母ねことその飼い主の魔女。

やがて、妹は別の魔女に見習いとして引き取られられますが、ゴブリーノはその毛と目の色のせいで、どんな魔女も引き取ってくれません。挙句の果てに、母親の魔女ねことその飼い主の魔女にも捨てられてしまうのですー。ひとりぼっちになったゴブリーノは、自分の望みを叶えようと、人間の世界へ足を踏み入れるのですが…。

魔女ねこらしくなく、優しくて穏やかなゴブリーノ。前向きに努力し、人間に可愛がられるねこになりたいと願い、自分を犠牲にしてでも人間に尽くしたり、一生懸命手伝ったりするのですが、自分の居場所がなかなか見つかりません。おまけに、人間たちはゴブリーノが魔女ねこだと感づくと、すぐに拒絶してしまうのです(そうじゃない人にも出会いますが)。

魔女の世界でも、人間の世界でも受け入れてもらえないーひとりぼっちの寂しさを何度も味わうのですが、決して、自分を受け入れなかった相手を責めないゴブリーノ。魔女ねこじゃなくても、こんなに優しいねこはいないと思います。

そんなに暗い文体では無いのですが、ゴブリーノの悲しみや寂しさがいろんなところに現れています。読んでいるうちに、ゴブリーノの運命を、本気で心配してしまう本でした。

最近読んだ本の中でも、これは特に気に入ったものの一つです♪

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!239

子どもには、いろんな種類の本を読んで欲しいと思っています。

そのうちに、『自分の好きなジャンル』とか、『自分の好きな作家』というのが出てくると思っていますので。若しくは、『自分に合うジャンル』とか。

今回は、「よりぬきマザーグース (岩波少年文庫)」を見つけたので、読ませてみました。訳は谷川俊太郎さん。訳が(私の個人的な 笑)好みでしたし、原語もついていましたので、初めて読むには良いかな、と。娘も英語にはかなり興味を示していますし。

娘はマザーグースを読むのは、これが初めてですね~。あ、でも、正確にはそうでもないかな?「ロンドン橋」とか、「メリーさんのひつじ」なんかには、既に触れていますから。

マザーグースの含まれるとされているものは本当に膨大な数のようですね。私自身は、マザーグースで知っているものはさほど多くはありませんが、読むときはいつも、この歌(詩)に隠されている意味をいろいろと想像しています(笑)。

単純、簡潔、でも残酷…。だからこそ、どんな意味があるの?と考えてしまいます。

娘もやはり、そう思ったようで…。「この詩って、なんか不思議なんだけど。どうしてできたのかな??」なんて私に聞いてきますので(笑)。

でも、これは、自分自身で考えたり想像してみたりするほうが良いと思います。自分の解釈はあまり教えないほうが良い気がしますね~。例え人の解釈を聞いても、参考程度にするのが楽しいかもしれません。

自分自身でいろいろ想像して解釈してみるのも、本や詩を読む楽しみの一つでは?これは、私の個人的な考えです。娘はどう考えるようになるのでしょうね(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!238

最近、娘が「墓場から帰る (恐怖と怪奇名作集)」を読んでいました。

題名から想像がつくように、いわゆる『怖い話』です。

でも、ホラーとは少し違いますね。怖いお話には違いないのですが、どちらかと言うと、SF?に近いような気がします。恐怖の対象となる『何が現れるか』を書いてしまうと、後々この本を読んだ方の楽しみを奪うことになるので、敢えて書きませんが…。

どのお話も気に入ったのですが、中でも、「骨のない人間」が好きですね。

題名から想像がついてしまいますが(笑)、私たちが見たことも無い、異様な生物が登場します。さて、その生物の正体は何だったのか?意外な結末が書かれています。話としては、途中までは結構単純なのですが、ラストの部分で、「ええ??」。

ま、感じ方は人によって違うので、これよりも、他のお話が面白いと思う方がいるかもしれませんが…。

後は、「闇の海の声」ですね。

途中で、声の主の正体と、その悲惨さがはっきりするのですが、その異様さにゾッとします。ありそうな事で、なさそうな事で…。想像すると怖くなりました。

全て、海外のお話なのですが、日本の『怖い話』とは違った良さ、怖さがあります。

子供向けの怖いお話というのも、やっぱり、捨てたものじゃないですよね(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!237

ちょっと、思い出した本がありまして…。

大どろぼうホッツェンプロッツ」シリーズの作者、オトフリート・プロイスラーさんの書いた、「小さいおばけ」です。

題名の通りおばけが出てきますが、けっしてホラーではありません(笑)。

小さくて気の良いおばけの、ユーモア溢れる、楽しくてハラハラするお話です。

何百年も前から、古いお城にたった一人?で住む、白い小さなおばけ。昼間は眠り、夜中の12時から1時までの「おばけ時間」だけ起きて、活動します。

「かぎが十三個ついたかぎたば」を使い、どんなものでも開けてしまう小さなおばけは、それなりに楽しく過ごしています。

でも、「昼の世界を見てみたいー」という、ささやかな願望を持つようになり、何とか朝まで起きていようと奮闘するのですが、いつも失敗。

でも、ある日を境に、小さなおばけは昼の12時に目を覚ますようになり、白かった体が日を浴びて真っ黒になりー。

人がいない時間に出歩いていた小さなおばけが昼間に出歩くようになって、人間たちは大騒ぎ。小さなおばけも、自分の視点でしか行動できず、騒ぎは更に大きくなっていきます。

思わず笑ってしまったのが、黒くなってしまった小さなおばけに対する、人間たちの反応です。

子供たちは、おばけだと認識したのに、怖いものと言うよりも、「見たことの無い、珍しい生き物」!?

大人たちは「黒い怪人物」とうわさし、おばけとはなかなか言いません(怖がっているのに 笑)。挙句の果てには、「おばけは信じない!」、なんて人も。

この本の存在を忘れていたわけでは無いのですが、いきなり思い出せるような状況では無かったですね。情けない(笑)。

でも偶然にこの本を見かけ、とても楽しい本だったことを思い出しました。

私の頭の中に埋もれている本は、まだあると考えられます(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!236

アンデルセンの童話の翻訳は、本当にたくさんの種類が出版されています。

私もいろいろ読んできたつもりですが、お目にかかっていないお話もいくつかあるようで…。なので、娘が読んでいる本も、なるべく読んでみるようにしています。

今回は、「妖精が丘 (児童図書館・文学の部屋)」を見つけ、私も読んでみました。

「なかなかお目にかかれない風変わりなお話もあります」と書かれていますが、確かに、定番のお話以外も、いろいろ収録されています。

世間知らずゆえに(?)、自分たちが特別な存在だと信じている、カタツムリの家族のお話の「しあわせな家族」。

幸せになるために、自分たちの居場所から逃げ出そうとした人形たちの行動を書いた、「羊飼いの娘と、えんとつそうじの若者」。

お金がたくさん詰まった、ブタのちょきん箱と、そんなブタを「偉い人」とみなす、おもちゃたちのお話の「ブタのちょきん箱」などなど…。

全部で9編のお話が収められています。

結構、皮肉なお話が多いですね~。表面的には、「めでたし、めでたし。」といった終わり方に見えますが、その結末には、アンデルセンの鋭い「世の中に対する皮肉」が感じられます(私的な意見ですが)。

定番で、よく知られているアンデルセンも良いのですが、こういった本を読ませてあげる(読んであげる)のも良いですね。

落ち着いた雰囲気で、きれいな色使いの挿絵もなかなか気に入りました。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!235

懐かしい本を見つけました。

子供の頃に読んだ、「ふたりのイーダ (児童文学創作シリーズ)」です。娘にも薦めてみたところ、興味を持ったのか、夢中になって読んでいました…。

かなり有名なお話ですし、子供の頃に読んだ方も多いかもしれませんね。

夏休みに、お母さんの仕事の都合でお母さんの田舎の町(おじいさん、おばあさんの家)に滞在する事になった、直樹とゆうこの子の兄妹。

その町を歩き回っていた直樹は、誰かを探してコトリ、コトリと歩きまわる小さな木の椅子に出会います。

ギョッとする直樹。その後、おじいさんの家からいなくなってしまったゆう子を探しに出かけた直樹は、誰も住んでいないと思われる洋館にたどり着き、そこでその小さな椅子と一緒にいるゆう子を見つけるのです…。

この本の始めの部分を読んでいる時、誰かを探し、「イナイ、イナイ、ドコニモイナイ。」とつぶやき、自分の考えを頑なに変えようとしない椅子が、子供の頃の私にとっては、少し不気味で怖ろしく感じられました。

でも、読みすすめるうちに、少しずついろんな事が分かり、その不気味さは消えていきました。寂しさや悲しさが湧いてきたのです…。そして、最後に語られる真実には、思わず息を呑みましたー。

この本は、『戦争による悲劇』が書かれている本です。原爆の恐ろしさが書かれている本です。でも、この本の途中までは、そんな事は書かれていません。娘にも、何も教えないでおきました。自分で読んで知ってほしかったからです。

『戦争』というものがあったのは、もう60年以上も昔の事です。直樹と同じように、私も戦争を知らない時代に生まれ、育ちました。

この本を読んだ頃(もう30年ほど前になるのですが)、『戦争』に関するお話をいくつか読みました。どれも忘れがたく、衝撃を受けました。その頃は、この『戦争』に関係した本がたくさんあったように思います。

今はどうでしょうか?

私が子供の頃の読んだ、『戦争』に関する本は、いくつか絶版になっていて、手に入らなくなっています。

でも、こういった類の本は、今の子供たちも読んだほうが良いと思っています。ちなみに、娘は、今回の本はかなり強烈だったらしく、一度読んだ直後に、また読み返していました…。

実家にも、もう手に入らない本がいくつかあります。その中に、もちろん、『戦争』に関係したお話があります。

いずれ、娘にも読ませたいーそう考えています。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!234

連休前後の仕事のバタバタで、ブログを半月ほどお休みしてしまいました。申し訳ありません…。

『怖い話』にすっかり嵌ってしまっている私の娘。日本のお話はもちろんですが、海外のお話も興味津々(笑)。私も自分の知っているお話を見つけたら(もちろん、子供向けで書かれているものなのですが)、娘に教えてあげています。

今回は、私が最も怖いお話の一つだと思っている、W.W. ジェイコブズの「猿の手 (恐怖と怪奇名作集)」を発見!

娘に、「読んでみる??」と訊ねたところ、「読んでみたい!」と即答(笑)。

ま、何にせよ、「読んでみたいから読む!」という気持ちは大切だと思います。

この本は、「猿の手」の他に、3つの怖いお話が収められています。

他の3つもなかなか怖いのですが、私の場合、やっぱり、「猿の手」が怖いですね~。

この「猿の手」に出会ったのは、学生の頃。かなり昔なので、ジェイコブズのどの短編集を読んだのかは記憶が定かではないのですが、その中のお話の一つでした。

他のお話はあまり記憶に無いのですが、この「猿の手」だけはかなり強烈で、今も忘れられません(汗)。

ある夫婦が、偶然手に入れたミイラのようになった(?)猿の手。この猿の手は願い事を3つ叶えてくれるというのですが、元の持ち主は意味ありげな言葉を吐くばかりで、なかなか人に譲ろうとしませんでした。

多少気味悪く思っていた夫婦ですが、願い事を言ってみる事に…。

その後、一つ目の願い事は叶えられるのですが、それは大きな不幸と引き換えでした。その夫婦のその後の行動はー。

願い事を言った後の、猿の手の不気味な動き。その後の起こる、不幸と恐怖…。

クライマックスの恐怖は、その対象が見えないのですが、『それ』が何なのかは容易に想像がつきます。でも、見えない…。私は、この猿の手の不気味な動きと、恐怖の対象が見えないのに(つまり自分の想像になりますよね?)、ゾッとした憶えがあります(汗)。

他のお話も怖いですね~。『呪い』と思われるものだったり、『何かを予知している!?』なんてものだったり…。ちなみに、「クリスマス・キャロル」や「デイビット・コパーフィールド」で有名なチャールズ・ディケンズの「信号手」というお話も収められています。これも好きですね~。

ちなみに、読んだ後の娘の感想ですが…。

「こわ~~い!怖いよぉ~。怖いから、気分転換に楽しいお話を読む!!」

???

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧