« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!240 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!242 »

2008年7月23日 (水)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!241

いわゆる、『不思議な世界』を題材にした本はたくさんあります。例えば、『四次元の世界』とか、『夢か現実か?分からなくなる』とか、『不思議な空間』とか…。SF小説に近い、と言えば良いのでしょうか。

ホラー小説とは違う、別の意味の怖さがあります(汗)。

子どもの本にもあるようですね~。

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)」は、そんな本に分類されると思います。

私だけかもしれませんが、題名からは、そんな本だとは考えられませんでした。なので、読んでみて、ちょっと驚きました(笑)。

5つの短編が収められています。どれも、『主人公がふとした事から迷い込んだ不思議な世界』が書かれています。

怖いですね~。

「もし、自分がこんな状況に陥ったら!!」…。

おそらく、冷静ではいられないでしょう。

この本の主人公たちも(みんな子どもですが)、その奇妙な状況から這い出そうと焦ります。いろいろ試みます。だけど、なかなかうまくいかず…。

どれも面白く、ゾッとするような話でしたが、私は「ぼくは5階で」が一番でした…。

両親が共働きの少年が、家に戻ってきます。これから、友だちと野球をする約束になっています。支度をして出掛けようとするのですが、ドアに違和感を感じます。でも、それがたいした事だとは思わず、外へ出ようとするのですがー。

この本に収められているお話に共通するのは、全て自分の家や自分の家の周囲でその奇妙な出来事が起こってしまうという事。

当たり前で、いつもの事で、見慣れた景色で…。そこに『奇妙な世界への入り口』があるなんて、想像もしないと思います。

だからこそ、怖いですね…。何かの拍子に、その『奇妙な世界への入り口』へ足を踏み外してしまったら…。ついつい想像してしまいます。「いつもと違う事を考えてしまうと、その落とし穴へ落ちてしまうのでは?」なんて事も考えてしまいましたし(笑)。

身近だからこそ、恐怖を感じてしまうーそんな本でした。子どもの本という事になってはいますが、大人も十分楽しめると思います。

もちろん、娘も読んでいます。そして一言…。

「そんな事ありえないとは思うけど、怖い…」

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

|

« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!240 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!242 »

コメント

勿論、この作品も読みましたが、一番好きな三田村氏の作品は、「ぼくが、恐竜だった頃」
読んだ事が、ありますか?
一緒に恐竜展に行った父が、死んだ後、母は、別の人と再婚してしまいます。
新しい「お父さん」は、とても優しい人なのだけど、主人公は、恐竜になる事を望みます。
「科学的には、ありえない!」
思う人は、この作品を読んで貰わなくても結構です。
主人公の望んだのは、大人しい草食恐竜ですが、私は、一番凶暴な恐竜を選んだ少年の方に感情移入しました。
彼には、父の思い出が、なくそれを奪った母を憎んでいます。

アルバムの 恐竜展の チケットや
我生(あ)れてより 消えし団欒

亡き長姉のアルバムには、家族で恐竜展に行ったチケットが、貼られていました。
それは、私の生まれる前の出来事でした。
「私も行きたかったなあ・・」
思ったけど口には、出しませんでした。
私は、常に良い子を演じなければならなかったからです。
でも生きている次姉に言われました。
「独活は、恐竜みたいにデカくて子供料金じゃ入れないからね!
もし生まれていても連れて行かなかったよ!」
私は、そのチケットを盗みました。
「自分が、連れて行って貰った気になりたかった・・」
そんなにいけない事ですか?

恐竜の 如く大きな みそっかす
卵で生(あ)れば 母愛すかな

「その卵を産むのだってお母さんなんだよ!
もっとも暖める必要は、ないけどね!」
次姉は、気づかなかった様です。
恐竜が、暴れ出したら誰にも手をつけられなくなる事を・・

投稿: 鵺娘 | 2008年7月23日 (水) 18時40分

こんばんは~!
お疲れ様です^^
確かこの本は、何年か前に買ってそのまま・・・・
たぶんどこかにあると思われますw
何故買ったのかは、ちょっと思い出せないのですが。
どうやら怖い話のようですが、
子供向けならたぶん大丈夫ですよね^^;
ちょいと探してみますw
先日のネコの本は、次回アマゾンを利用する際に、
一緒に購入しようと思います^

毎日暑いですね~orz
塩分はもちろん補給しないといけないのですが、
体を温める効果があるものですから、
一緒に何か体温を下げるものも食べた方が良いらしいです。
豆腐や豆乳には、そんな効果があったと記憶しています。
しかし、歳をとると体調管理にも一苦労ですorz
そういえば塩分とは関係ない話なのですが、
スイカには疲労回復作用等があるらしいです。
色々読んだのですが、他は忘れましたw
夏にスイカというのは、理に適っているということらしいです。
また面白い(怪しい?)情報を入手したらお知らせします^^

マザーグースって、そんなにたくさんあるんですか・・。
手を付けていいものかどうか・・悩むところですね^^;

温暖化の話は「京都議定書」の時に、
アメリカが批准しなかったというのを聞いて怒ったのですが、
裏を知ってみればさもありなん・・です。
自国の経済をガタガタにしかねないのに、
根拠も不明な怪しげな話に乗れるわけがありません。
途上国が躍起になって先進国に「削減しろ!」と要求しているのは、
それが自国の利益になるからかもしれません。
最早CO2による温暖化に異論を挟むことすらできなくなりつつあります。
不景気が加速しなけりゃいいのですが・・。
物事の裏側というのは、知らない方が幸せという事もありますね。
ジュースの原価とか料理屋で残り物の使い回しとか産地とかw

>河童のクゥと夏休み
2ch風に言うなら、「全俺が泣いた」といったところです。
今までのオススメがどうでもいいわけじゃないですが、
こればかりは本当にオススメです^^

お忙しいとは思いますが、無理はなさらないでくださいね。

投稿: はなび | 2008年7月23日 (水) 23時07分

>鵺娘さん
>ぼくが、恐竜だった頃
あ!この本も取り上げなきゃ(笑)。
好きですよ、この本。

>恐竜展に行ったチケット
鵺娘さんは、「私も行きたかった!」なんて
言葉も口にしてはいけなかったんですね。
やっぱり、たけやエルネスが許せません。

>「自分が、連れて行って貰った気になりたかった・・」
いけない事では無いと思います。
「自分も行きたかった!」
こんな言葉さえ鵺娘さんは口にしていらっしゃらないんですから!
鵺娘さんから、これ以上、何を取り上げるの?

>恐竜が、暴れ出したら誰にも手をつけられなくなる事を・・
エルネスは…。
今後、痛い目に遭う可能性があるー私はそう思っています。

投稿: リーヴル | 2008年7月30日 (水) 11時14分

>はなびさん
この本は、いわゆる『ホラー』では無いので、
はなびさんも安心かと…。
私は、こういう本、好きです。

>豆腐や豆乳
豆腐は大好きですが、実は豆乳が苦手なんですよ(泣)。
どうして?と言われると困りますが(笑)。
でも、豆腐は毎日食べても良いくらい好きです♪

>スイカ
そういえば、聞いた事があるような…。
やっぱり、季節の食べ物と言うのは、その季節に相応しい
働きがあるのでしょうね。

>地球温暖化&京都議定書
何だか、裏がありそうですね。
なるほどね~。
温暖化は深刻?なのでしょうが、
そんな事すら、妙な策略に利用するとは…。
今後、いろんな裏の話が出てきそうですよね~。

>河童のクゥと夏休み
そうですか~~。
やっぱり、要チェック!ですね。
娘の夏休みの宿題がある程度片付いたら、
見ようかな…。

投稿: リーヴル | 2008年7月30日 (水) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106177/41945939

この記事へのトラックバック一覧です: 子供を本好きにするには大人が楽しむ!241:

« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!240 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!242 »