« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!223 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!225 »

2008年1月29日 (火)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!224

今回の本は、実は、少々時期ハズレになるのですが(笑)。とても絵とお話が可愛いので、取り上げてみました。

ふたごのこねずみ、ティモシーとサラが主人公の「ふゆのよるのおくりもの (えほんとなかよし―ティモシーとサラのえほん)」です。

このシリーズは、何冊もあるようです。

絵が細かくて、色もとてもきれいです。子どもが喜ぶ絵ですね。お話だけではなく、絵も楽しめる絵本です。娘も、一目で気に入りました(笑)。細部まで丁寧に描かれていますので、いろんなものを見つけるという楽しみもあります♪

クリスマスを前にして(時期ハズレで申し訳ありません 汗)、ティモシーとサラはお父さん、お母さんと街へお買い物。ツリーにするもみの木も買って、家に戻りました。

みんなクリスマスの準備に大忙し。でも、とても楽しそうです♪

最後に、クッキーをたくさん焼きました。イブには、おじいちゃん、おばあちゃんの家へ行くので、そのおみやげにするのです。

イブの朝、ティモシーとサラは留守中にサンタさんが来たら、「誰もいないから…」とプレゼントを置かないで帰ってしまわないかと心配になり、お手紙とクッキーとミルクを置いて出かけます。サンタさんは来てくれるのでしょうか?

おじいちゃん、おばあちゃんの家での様子も、とても素敵です(絵もお話も)。クリスマスらしく、にぎやかで楽しそうで…。おばあちゃんに、ティモシーとサラが自分たちが生まれた頃の様子を聞く場面が特に良いです♪

小さな子どもは、クリスマスをとても楽しみにしていますね。「サンタさんは絶対に来る!」なんて信じている子が多いみたいです(特に男の子はそうらしいです 笑)。

家の娘は…多分、真実に気がついているのでしょう。でも、気がつかないフリをしていますね(笑)。親に気を使っているのでしょうか?

それにしても、どうしてお父さんはおみやげのクッキーを忘れて、取りに帰ったのでしょうね。大人なら、気がつきますが(笑)。気がつく子どもはどのくらいいるのでしょうか?この答えの内容次第で、子どもがサンタさんを信じているかどうかが分かるのではないでしょうか(笑)。

家の娘はどうでしょう?これは聞けませんね~。娘も答えたくないでしょう。答えによっては、「サンタさんを信じているかどうか」が親にバレますからね(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

|

« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!223 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!225 »

コメント

煙突の ある家(や)に来ない サンタかな

 当時としては、もう珍しい煙突のある家でしたが、我が家にサンタは、やって来ませんでした。
 「サンタがママにキッスした」って歌あるでしょう?
 子供の頃、両親が、キッスする家庭なんて想像が、つきましたか?
 私は「パパは、心に疾しい事が、あるから優しいんだ!」と答えました。
 ♪ ただ貴方の優しさだけが、怖かった ♪
 歌が、あったけど同じ事をスモッグを着ている頃に考えていました。
 

投稿: 鵺娘 | 2008年1月29日 (火) 15時43分

>鵺娘さん
煙突があったんですか?羨ましいような…。

>子供の頃、両親が、キッスする家庭なんて想像が、つきましたか?
確かにそうですね~(笑)。
今の子供は少し違うかもしれませんね…。

それにしても、鵺娘さんは、やっぱり子供の頃から
読みが深いと言うか、頭の回転が違うと言うか…。

投稿: リーヴル | 2008年2月 1日 (金) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106177/17882497

この記事へのトラックバック一覧です: 子供を本好きにするには大人が楽しむ!224:

« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!223 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!225 »