« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

いつか子供に読ませたい!61

本日は、大切な友人から「取り上げて欲しい!!」と要望のあった本について、です。私自身もいずれは取り上げるつもりではありました。それほど、「決して忘れてはならない大切なもの」がたくさん書かれた本だと思っているからです!友人も同じような気持ちだと思っています。

はせがわくんきらいや」をご存知の方はいらっしゃるでしょう。かなり昔からある本です。ただ、現在出回っているものは、読者のリクエストにより復刊されたものです。

昭和30年代、忘れてはならない、「ヒ素ミルク事件」が起こりました。私が生まれる前の事件ではありますが、母親からも聞かされましたし、私の尊敬する小・中学校の教師からもいろいろと教わりました。

今もいろんな事件が起こり、たくさんの方が犠牲になっていますが、何年経とうと、こういう事件は決して忘れてはなりません!!

この本に登場する「長谷川くん」は、この事件の被害者です。

お話は、この「長谷川くん」の幼馴染の「ぼく」の語りですすめられます。

関西弁を使い、素直な心情を書き綴っています。

「ぼく」は「長谷川くん」がきらいや!とはっきりと書いてありますが、本当にそうでしょうか?私にはそうは思えません。

いろんな言葉を使って「長谷川くん」の事を書いていますが、いろんな部分で「長谷川くん」への子供らしい気遣いが感じられます。

「長谷川くん」の抱えた事情を聞いた「ぼく」。これからも子供らしい感情で、子供らしく接していくに違いないー私はそう思っています。「ぼく」が「長谷川くん」から離れることはないでしょう。

印象的なのは文章だけでなく、丁寧に作られた版画の挿絵です。子供だけでなく、大人も一度見れば、決して忘れられないでしょう。「ぼく」の見た、感じたものが素直に表現されています。この絵も、この本の大切な役割を果たしています。

筆者の、事件に対する強烈な怒りも滲み出ています。忘れてはなりません。そして、こういう本は、いつまでも残しておくべきです!!

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!177

動物が(例えば、犬や猫)話すわけはないー。これは、ある程度の年齢になると気がつくものです。でも、動物と人間と同じように会話ができると良いな~なんて思ってはいました(笑)。

夜にくちぶえふいたなら」は、猫が言葉を話すお話です。でも、ちょっと予想外(!?)の内容です。

遠足を明日に控えた、ミツオとノンコの兄妹。二人とも嬉しくてなかなか眠れません。ミツオはふざけて口笛をふいています。「夜に口笛をふくと、泥棒が来るっておばあちゃんが言ってたじゃない」ノンコは兄に言います。

その時、ベランダで物音がします。カーテンを開けるとそこに見えたのは怪しく琥珀色に光る二つの光!!驚いた二人ですが、それは何とネコ!!

ネコは大きな風呂敷包みを背負い、家に上がりこんできます。そこで、ネコはネコらしからぬ言動を繰り返します…。ネコに興味を持ち、いろいろ質問をする兄妹。このネコは一体!?そして、翌朝、二人が目覚めると!!

ありそうなお話かもしれませんが、ユーモアがあってなかなか楽しいです。まだまだ夢のある子供が喜びそうなお話ですね。ネコの正体も何となく分かりましたか(笑)?

でも、この続きがあるのです。ネコの本当の正体、そして、このネコのこの後の行動…。大人が読んでも、「クスッ」と笑えてしまう結末です。こういうネコがいたら、会ってみたい!?

教訓が含まれているような本も大切でしょうが、こういうユーモアたっぷりの、肩肘張らず読める本と言うのも、子供には大切だと思います(大人もそうですが!!)。

そこから、本への興味が始まるかもしれませんからね…。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!176

「お人形が欲しい!!」

女の子なら、子供の頃、一度は思ったことがあるでしょう。

女の子にとって人形は大切なものであり、いろんな空想が広がるもの。いつまでも忘れられない大切な想い出になるおもちゃの一つでしょう。

虫やザリガニが好きな私の娘もやはり同じ。お人形やぬいぐるみが大好きです。

ふしぎなお人形 ミラベル」の主人公、ブリッタ=カイサも他の女の子と同じです。

お人形が欲しくてたまらないのですが、「他に買わなければならない(ごはんや洋服)、大切なものがあるから無理よ。」とおかあさんに言われてしまい、お人形は買ってもらえません。

買ってもらえないことは分かっても、欲しいという気持ちが止められないブリッタは、どんな気持ちだったのでしょうか?(このブリッタの気持ちは本には書かれていません。子供といろいろ考えてみるのも、良いかもしれないですね)

ある日、一人で留守番をしていたブリッタは、馬車に乗ったおじいさんと出会います。このおじいさんから金色に輝く、小さなたねをもらいます。そのたねをブリッタは庭に埋め、毎日水をあげるようになるのです。

そんなある日、ブリッタは不思議なものが生えてきたことに気がつくのですが…。

一体、何が生えてきたのか、大体の方は見当がつくのではないでしょうか?夢のある不思議なお話ですが、「この生えてきたもの」のその後も含め、ちょっと怖くもあります(笑)。何が怖いか?までは書けませんが…。

でも、こんな不思議なこと、「あったらいいな!」なんて子供の頃に考えた人は少なくないと思います。

ちなみに、この本の原著はあの「ながくつ下のピッピ」のアストリッド・リンドグレーン。これを、ピア・リンデンバウムが絵本にしたものです。なので、お話の内容をご存知の方がいらっしゃるかも…。

子供の頃の夢を叶えてくれたーそんな気分にさせてくれる本でした。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!175

久しぶりに、絵本図鑑を取り上げてみたいと思います。

魚でも、「川や湖」等、淡水魚に絞った、「川のさかな」があります。

写真ではなく、全てイラストを使用している図鑑です。魚の種類を絵で見せているだけではなく、「川のどの辺り(上流か、下流か)に住んでいるか?」とか、「どんなものを食べているか」とか、「この魚は、産卵期には婚姻色に変わる」とかー。

沼や小川の魚、魚が好んで食べる昆虫(幼虫も含む)の絵も出ていますし、古代の魚の姿も描かれています。産卵・子育ての様子まで解説してある魚もあります。魚にあまり興味が無くても、「なるほどね~」と気軽に眺められます。子供にとっても、見やすい、なじみやすい図鑑ですね。

海の魚も良いのですが、どちらかと言えば、「川の魚」の方が、身近に感じられるのではないでしょうか?

子供と釣りに行く場合も、川や湖の方が行きやすい気がしますし(私だけ!?)。

私自身も、子供の頃は、父と一緒に何度か川釣りに行きました。大人になってからは、バス釣りに2回ほど行ったくらいですが…。

そういえば、娘を釣りに連れて行ったことはありませんね。行きたがっているようなので、今年は連れて行ってみようかな?なんて思っています。

でも魚が釣れるまで、好奇心旺盛な娘は、おとなしくしていられるのでしょうか?その前に、違うことで遊び始める可能性も…。そうすると、まだ早い!?

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!174

「魔女」には、どんなイメージをお持ちですか?若い魔女、年寄りの(おばあさん)魔女、意地悪で恐ろしくて、人を騙して…。

魔女を取り上げたお話は、本当に多いですよね。童話にもよく出てきますし…。私も、子供の頃は、「怖い!!」なんて思っていました…。特に恐ろしく描かれているわけでもない、魔女の絵すら、怖かったです(笑)。

さいごのまほう」に出てくる魔女は、童話に出てくる、私が知っている魔女とは少し違います…。

深い森の奥に、魔女がたった一人で住んでいました。この魔女は、自分の年も忘れてしまいそうなくらいの年寄り。

ある雪が降る寒い朝、魔女は自分の魔法の力が弱ってきたことに気がつくのです!!(この場面の魔女の言動には笑ってしまいましたが、可愛かったです♪)

この本では、魔女は、年を取ると魔法が使えなくなってしまうという設定。このままだと、「ただのおばあさん」になってしまうというのです。

不安を感じた魔女は、魔法の力が消えてしまう前に、「いいもの」に変身したいと考えます。いろいろ考えて、いろいろ試すのですが、どれも気に入らず、町へとでかけます。

そこで出会った人たちの「ある言葉」が、魔女の気持ちを動かしてー。さて、魔女は何に変身したのでしょう??

何となく暖かくて、ふんわりした感じのするお話。悪戦苦闘するおばあさんの魔女がかわいいです♪一人きりで暮らしていた魔女ですが、実はかなり強がっていたようでー。「本当は、魔女は寂しかったのかも…」なんて思える言動が見受けられます。

結末は少し切なくなってしまうかもしれませんね。でも、おばあさんの魔女の心の底にあった、「優しさ」が感じられるのではないでしょうか?

「自分にとってのみ、良いこと」を考えるのではなく、「自分にとっても、他の人にとっても良いこと」を考えられるようになりたいものです。例え、それが「自分にとって最高のもの」ではなくても、その方が幸せだと思います。

理屈的には分かっていても、大人にも、難しいことではありますけれどね…。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!173

「おいしゃさん」=病院を怖がる子供は多いですよね。注射が怖い、とか、お医者さん自体が怖いとか…。私は、「怖い」わけでは無いのですが(笑)、あまり好きではありません。待つ時間が長いですし…。なので、具合が悪くても、なかなか行きません(笑)。

「おいしゃさん」が怖い、子供の目から見た病院の様子を書いた、「おいしゃさんなんかこわくない」。頭が痛くて、喉が痛くなったくまのぼうやのお話です。

この本は、かなり昔から(1976年)あるようです。私は、子供と一緒に読んだのが、初めてですが…。

頭が痛くて、のどがヒリヒリする、と訴えるこぐまのぼうや。お母さんは、ぼうやを病院へ連れて行きます。でも、病院に着くと、ぼうやは、「ぼく、おうちへかえるう!」なんて言い出します。もちろん、そんなわけにはいきません(笑)。

ところが、保険証を忘れてしまったお母さん。ぼうやを待合室で待っているように言いつけて、あわてて取りに帰ります。

一人残されてしまったぼうや。待合室には人がいっぱいいて、みんな具合が悪そうで…。そんな人たちを観察していたぼうやは、どんどん不安になってー。

おいしゃさんが怖い子供の心理を書いた本ですが、診察室の様子も詳しく書かれていて(70年代に書かれた本なので、器具等の絵は、多少古めかしく感じます)、その場面は、子供は興味を示してくれます。

こういった書き方をすることによって、ある意味、「お医者さんに対する、子供の不安や恐怖心」を取り除いてくれる本なのかもしれません(全ての子供がそうだとは言いませんが)。お医者さん(病院)に興味を持ってくれる可能性もあるかも…。

お医者さんは必ずお世話になるのですから、「怖くないよ!」と思って欲しいものです。悪いところを診てくれるわけですし…。こういう本を少し読ませてあげるのも良いかもしれませんね。

娘の場合、この本を読んだ時には、既にお医者さんが怖い、という意識が無い年齢になっていました(笑)。注射は相変わらず嫌いなのですが(笑)。

当たり前です。親の私だって嫌いです(点滴も採血も! 爆)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!172

子供の頃に、「お菓子の国」のようなものを想像しませんでしたか?

いろんなものがお菓子で出来ていて、どれも食べることが出来て、美味しくて…。童話でも「お菓子の家」なんてありますからね。一度は、そんな楽しい想像をしてみたことでしょう。

イギリスのアントニー・バージェスさんが書いた、「アイスクリームの国」も、そんな空想の物語。「飽きるほどアイスクリームが食べたい!!」なんて考える、子供が喜びそうなお話ですが、よく読んでみると、言葉に、「なるほど!」なんて思えるものが隠されていて、大人も楽しめます。

絵も明るい色で、かわいらしくて、楽しいです♪

「アイスクリームの国」は、どんな様子なのでしょう?一体、どこにあるのでしょう?どうすれば行けるのでしょう?そして、この国には、どんな生き物が住んでいるのでしょう?

「もしあるのなら、行ってみたい」。でも、「実際に行ったらどうなるか?」、そして、「何をするのか?」、「これは現実??」などなど。主人公たちの行動も楽しめますが、「自分なら?」なんて想像力を大いにかき立てられる、そんなお話でした。

「この国がどんな様子なのか?」を此処で書いてしまうと、これから読む方の楽しみが半減しますので、敢えて書きません(爆)。とりあえず、自分で想像してみてください(笑)。

さて、この「アイスクリームの国」へ行った人たちは、アイスクリームが更に食べたくなるのでしょうか?それとも…!?

この本を読んだ食いしん坊の娘は、寒い冬だというのに(今年はそうでもないですね…)、「アイスクリームが食べたくなった!!」

…そうですか…。娘の場合、この国へ行ったら、帰ってこないかもしれません(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年2月 8日 (木)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!171

前回の記事に続いて、今回も「迷子もの」(笑)をー。

パリ在住の日本人、市川里美さんの「うさぎのララ・ローズ」です。題名から想像できる通り、「人間の迷子」のお話ではありません。

ララ・ローズは、うさぎのぬいぐるみ。クレモンティーヌという女の子の大事なぬいぐるみです。

クレモンティーヌは、何処へ行くのにも、ララ・ローズを連れて行きます。ある日、クレモンティーヌと弟のピエールとおばあちゃんと一緒に、公園へ遊びに行くのですが…。

お話は、ララ・ローズの気持ちや言葉で書かれています。ララ・ローズは、広い公園で、クレモンティーヌのバックから転がり落ちてしまうのです。気がつかないクレモンティーヌ。不安でたまらないララ・ローズ。ララ・ローズは、大好きなクレモンティーヌにもう一度会えるのでしょうか?

落ちているぬいぐるみ。あなたはどう扱いますか?気がついて拾い上げても、「持ち主を探そう!」なんて思わない人が多いかもしれませんね。

この本で、ララ・ローズを拾い上げてくれる人はいたのですが…。悪気は無いかったかもしれませんが、ララ・ローズは、酷い目に遭ったりします…。酷い目に遭ったり、また独りぼっちになったり…。読んでいるほうも何だか不安になりますし、悲しく、寂しく感じます。

ぬいぐるみが大好きで、今でもお気に入りのぬいぐるみと一緒に寝たり、どこかに泊まりに行く時もぬいぐるみを持ち歩く私の娘。クレモンティーヌの気持ちにも、ララ・ローズの気持ちにも共感したようです。

こうやって、優しい気持ちと物を大切にする気持ちを持ち続けて欲しい、と私は願っていますので、娘の行動は微笑ましく思っています(親ばか? 笑)。

絵は落ち着いた、優しい色彩。ララ・ローズの不安な気持ちが現れている場面もあって、絵とよく合っていると思います。表紙の裏には、ララ・ローズが迷子になった公園の絵地図も描かれています。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!170

「迷子」になった事はありますか?私自身は無いのですが、娘は一度だけあります(笑)。
その時私は一緒ではなく、主人と買い物に行った場所で、気づいたらいないーという状況。

ま、すぐに見つかったから良かったのですが、大泣きして大変だったそうです(笑)。好奇心の赴くまま動くのは、良くありませんね…。

迷子になって不安なのは、人間だけでなく、動物も同じようでー(そう見えるだけ?という声も聞こえそうですが)。「ウィリアムのこねこ」は、そんな迷子になったこねこのお話です。

ある5月の月曜日、迷子になって、不安そうに鳴く(泣く、の方がいいかな? 笑)しまもようの小さなこねこ。

泣きながら、道を通る人たちについていくのですが、誰も気がつきません。牛乳屋さんも、郵便屋さんも、八百屋の店員さんも、会社へ急ぐ人も、学校へ急ぐ人もー。市場へ買い物へいくおかあさんさえも、一向にこの小さなこねこには気がつきません。

みんな、「とても急いでいたから」なのです。

でも、4歳のウィリアムは違いました。仕事もできないし、学校へも通えない年齢だから、急いでいなかったのです。だから、このこねこに気がついたようで…。

こねこは、結局、ウィリアムの家までついてきてしまうのですがー。

こねこが気に入り、子供らしい優しさで「自分で世話をしてあげたい!!」と願うウィリアム。実際に、こねこの世話を一生懸命、し始めます。でも、そう簡単にはいきません。当然ですよね?もし、誰かの飼い猫だったら…。

お母さんの勧めで、警察へ届けるウィリアムと兄弟たち。でも、ここで予想外の問題が!!一体、誰のねこ?ウィリアムの願いはかなう??

私の個人的な意見ですが、迷子や捨てられている動物たちを、安易に拾うのは感心しません。こういう「安易な」行動は、また同じ悲劇を生みかねないからです。

もちろん、拾ってきた動物でなくても同じです。責任の取れない人間が如何に多い事か…。この辺りは、子供に繰り返し教えるべき事だと思っています。

(本の内容が分かってしまうので、細かいいきさつはこれ以上書けませんが、)ウィリアムはまだ4歳ですが、こういう動物に対する意識は、既にしっかり出来上がっているように見えますし、モラルもあると思います。

モラルに欠ける社会状況や、大人たち。今現在、起こっている悲劇を防ぐためには、どうすればいいか?個人で出来ることは限られていますが、自分の子供にきちんと教えてあげる事や、自分がきちんとした意識を持つという事は、最低限出来ますよね?

こういう本を子供に読ませてあげる事も、そこへ繋がるのでは?!私はそう思っています(もちろん、この本が完璧なお手本だとは言いませんが…)。

ただ、ここに出てくるまだ幼いウィリアムは、モラルに欠ける大人たちよりもはるかに常識も優しさもあるでしょうね!!

*お説教臭くなりましたが(笑)、これは、子供向けの絵本です。もっと、気軽に楽しんでいいと思います(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

久しぶりに…17

ギリシャが大好きな私は(もちろん、行きました!)、「ギリシャ神話」に関連する本があると、ついつい読みたくなってしまいます。

先日、このブログでも取り上げた、「トロイアの黒い船団」(あの「イリアス」をコンパクトに読みやすく纏めたもの)を書いた、ローズマリ・サトクリフが、「オデュッセイア」もやはり読みやすく纏めた「オデュッセウスの冒険―サトクリフ・オリジナル〈5〉」を書いています。

絵は、「トロイアの黒い船団」と同じくアラン・リー。読みやすく、分かりやすい文章と美しく、格調高い絵が素敵です。

「オデュッセイア」を一度は読んでみたいけれど、「何となく敷居が高い」と思われている方は多いのでは無いでしょうか?そういう方は、この本から読まれると理解しやすいと思います。

このお話は、オデュッセウスがトロイ戦争終了後、故郷を目指して帰る物語です。恐ろしく苦難に満ちた旅で、なかなかたどり着くことができません。

本当に大変な目に遭い、無事に戻るまでに長い年月がかかってしまうのですが、これは、単に「ある神」の怒りを買ったから、というだけではありません。しかも、故郷に戻ってからも、大きな苦難がオデュッセウスを待ち受けています。オデュッセウスを待ち続ける家族も、長い間、辛く、苦しい思いをします。

明らかに人間の欲が出てしまったという事も、オデュッセウスの旅を大変にしてしまった原因の一つ、ですね(笑)。

「これはしてはならない!」と忠告されていても、好奇心や欲望に勝てず、約束を破ってしまうーこういった人間の弱さがオデュッセウスの旅を更に苦難に満ちたものにしてしまっているのです…。

主人公で、英雄であるはずのオデュッセウスも、こういった部分が随所に見られますから(笑)。

そんな、波乱万丈のストーリーですが、何はともあれ、堅苦しく考えず、気楽に楽しめる本でした。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »