« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!114 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!115 »

2006年6月23日 (金)

久しぶりに… 5

久しぶりに、アンデルセンを読みました。

それも子供向けに出ている本ではなく、大人向けのものをー。

アンデルセンは、150以上のお話を書いているそうです。でも、日本を含め、世界中でよく知られているお話は、ほんの一握りだそうです。有名なお話なら(例えば、「みにくいアヒルの子」とか「人魚姫」、「火打ち箱」)、誰でも一度は読んでいますよね。

でも、その150篇のお話の中に、読んだことはないけど、面白いお話があったとしたらー。ちょっと、損していますよね(笑)。

そんな、世間であまり知られていないお話を中心に集めたのが、「本当に読みたかったアンデルセン童話 」です。

この本、はっきり言って、子供向けではありません。小さなお子さんに読んであげるには、少々重過ぎるお話も入っていますからー(個人差はあるでしょうから、止めたほうが良い、とは言えません)。

確かに、読んだことのないお話がたくさん入っていました。

でも、それだけではなかったんです!

昔読んだ、アンデルセンの童話集に収録されていたお話で、現在、探しても見つからないものも収録されていたんですよ!懐かしいし、嬉しかったです。

「眠りの精 オーレ  ロクオイエ」は、大好きなお話だったんですが、見つからなかったんですよ(泣)。私の探し方が悪い?でも、見つかって良かったです。

「パンを踏んだ娘」もあまり見かけませんね。でも、この本には収録されていました。

この本に納められているお話の傾向としては、少々辛口で、教訓に満ちたものが多いです。久しぶりにアンデルセンを楽しみました。

大人になっても楽しめる童話、ですね。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

|

« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!114 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!115 »

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=Z_W0RHWnhao&search=%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%92%E3%81%B5%E3%82%93%E3%81%A0%E5%A8%98
遂に見つけました↑
 子供の時に見た時も、私は、インガルの気持ちが、分かってしまいました!
 それにしても、インパクトのある歌でしょう?

慈しみ 育てし我が子 我が花を
手折りし人も 人の親かな

 「花泥棒が多くて、困る!」近所のマンションの管理人から、頼まれて作った歌です。
 「ある母親の物語」が、モチーフになっています!

投稿: 鵺娘 | 2006年6月23日 (金) 10時30分

>鵺娘さん
きゃ~。ありがとうございます。
早速、見ました!
そういえば、こういう人形劇、ありましたね。あまり覚えていなかったのですが、少し記憶が蘇ってきました。「パンを踏んだ娘」は見た覚えがないのですが…。歌も結構強烈で忘れられなくなりますね。

>慈しみ 育てし我が子 我が花を
手折りし人も 人の親かな

私、こういう人間、絶対許せないんですよ!
また、あのわけの分からない理屈を繰り返すような人の仕業なんでしょうか…。

投稿: リーヴル | 2006年6月26日 (月) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106177/10643615

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに… 5:

« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!114 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!115 »