« …マニア?!⑩ | トップページ | いつか子供に読ませたい!43 »

2006年1月10日 (火)

いつか子供に読ませたい!42

あけましておめでとうございます。かなり遅れてしまいましたが(笑)。

実は年明け早々、風邪をひき、寝込んでおりました…。なので、本日より、再開です(笑)。

年末、年始と本を読む時間がありましたので、本棚にある古い本を何冊か読み直してみました。

私は、同じ本を何度も読むのが好きです。それも何年も経ってから読む、というのは格別ですね。

年齢を重ねると共に感じ方が違ってきますし、昔は理解できなかった部分が理解できるようになったりしますし…。

今回は久しぶりにゲーテの「ファウスト (第1部)」と「ファウスト (第2部)」も読みました。

「ファウスト」はいろんな出版社のものを読みました。

初めて読んだゲーテは詩集。その詩集の巻末にゲーテの作品がいくつか紹介されていて、その中の「ファウスト」が目に留まり、読んでみたいと思ったのです。

第1部に関しては、比較的理解しやすいと思います。

誰もが持っている欲望を実現しようとして悪魔のメフィストフェレスと契約してしまうファウスト。そして、グレートヒェンとの恋愛と悲劇…。

自分の経験や感情と重なり合うのを感じました。つまり、私も欲深く、欲しいものがあれば、ファウストと同じ行動をとってしまうのではないかと…。

第2部は少々難解ですが、何度も読むべきだと思いますし、奥深いです。

更に、ギリシャ神話についても勉強しておいたほうが良いのではないでしょうか。

私自身も、手元にギリシャ神話を置き、参照しつつ読みましたからー(今回もそうです)。

好きな作品ではありますが、未だにきちんと理解し切れていないと思います。

でも、よく考えてみると、この本の主人公ファウストは老人。

ある程度の年齢の方だからこそ、理解できる部分が多いのではないでしょうか。

私はまだまだ若輩者。

なので、年をとってからも、必ず読んでみたい本です(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

|

« …マニア?!⑩ | トップページ | いつか子供に読ませたい!43 »

コメント

 線を引く 箇所も変わりし 和己の忌
あえて太宰治でなく高橋和己にさせて貰いました。私が線を引きながら本を読むのを見て姉は笑いました「せっかく高い本、買っても売れないじゃん!」

「未完成交響楽」という映画見ましたか?シューベルトは傲慢な令嬢に惹かれながら「詩はすべてゲーテだと思いましたわ」という質屋の娘の愛には気がつかないのです。
神様は洋の東西を問わず、心が狭く意地悪ですね?
手塚治「ネオファスト」という作品もあります。(ファストも)

投稿: 鵺娘 | 2006年1月10日 (火) 10時19分

リーヴルさん
あけましておめでとうございます♪
体のほうは大丈夫ですか?
まだまだ寒いので、どうかお気をつけ下さいね。
今年のおみくじは「中吉」
なんかいいこと起こりそう♪っていうか、起こすもんね~~(笑)
お互いに頑張りましょうね!
今年もよろしくお願いします。。。

投稿: ゆき | 2006年1月10日 (火) 11時03分

>鵺娘さん
私は、大好きな本は手元に残しておきたいと
考えるタイプです。売りたくありません。
なので、本に線を引いてーというのは理解できますよ。

>ゆきさん
あけましておめでとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします!!

投稿: リーヴル | 2006年1月11日 (水) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106177/8090539

この記事へのトラックバック一覧です: いつか子供に読ませたい!42:

« …マニア?!⑩ | トップページ | いつか子供に読ませたい!43 »