« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

いつか子供に読ませたい!47

私は短編が大好きです。

構成が簡潔で分かりやすい、出先で読むのに向いている(つまり、途中で読むのを止めても、話が途切れると言うことにはならないので、次も違和感なく読み進められる)、そして、「面白さ」が凝縮されていて、美味しい部分だけ味わった気分になれるー。

私が短編が好きな理由はだいたいこういったところでしょうか(作品によっては、この限りではありませんが)。

そして、ロシア文学に本格的に手を付け始めたのは、高校生の頃。もちろん、子供向けのものはいくつか読んでいましたが。

このロシア文学には魅せられましたね。

ロシア文学で短編、となると私は真っ先にプーシキンの「スペードの女王・ベールキン物語」を思い出します。

どの短編も静かに淡々と流れ、奥底に暖炉のような赤い炎が燃えている、といった感じです。途中に無理やり話を盛り上げていくような大きな波はありません。

でも、どれも皮肉で、意外で、見事です。思わず唸ってしまいました…。

中でも「スペードの女王」が強烈です。

寒いロシア。家の中では暖炉の火が燃えているー。貴族たちはそんな中でホイストに熱中しています。ゲルマンという男はこのゲームに手を出すことはありませんが、いつもそばで見つめています。その胸の中は、どんな野心に満ち溢れていたのか…。

ある男から聞いた話が、このゲルマンの運命を狂わせていくのです。

結末に向かって話は静かに盛り上がっていきます。徐々に話しに引き込まれ、余韻が冷めなかったですね。

「ベールギン物語」も簡潔な文体でロシアの情景が見事に描写されています。こちらの短編も意外性に満ち溢れたもの。

手に取るたびに、読んでしまう本のひとつです。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

…マニア?⑪

推理小説は母に薦められて読んだ本(主に日本の作家、アガサ・クリスティーなど)が多いのですが、友人に薦められて読んだ本もいくつかあります。

エラリー・クイーンは、私以上に推理小説マニアの友人に薦められていくつか読みました。

一番強烈だったのは、ドルリー・レーンシリーズの「Yの悲劇」。推理小説が好きな方は、一度は読まれていると思います。

中学生の頃に初めて読みました。驚きましたね。犯人とその動機に(動機と言えるかどうかー)。

悪名高い、富豪一家がその舞台となるのですが、よくある設定。この家族は、ほとんどみんな、正常じゃありません。そんな一家の人々が次々と犠牲になっていきます。

話の初めの方は、「ん?意外に普通??」と思ったのですが、読み進めていくうちにすっかりはまってしまいました(笑)。

化学者である、富豪一家の主人の遺体が引き上げられるところから話が始まるのですが、この主人がいろんな意味で事件の鍵を握っています。

推理小説の古典、とも言われていますが、トリックや犯人など、現代に起こりそうな事で、背筋が寒くなります。私は古臭さを感じません。

それにしても、最後のシーン、真実は謎ですね。書いてしまうと犯人が分かってしまうので、書けませんが、読まれた方はどう思われたのでしょうか?

私は、最も衝撃的な真実を想像しました…。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

いつか子供に読ませたい!46

井上靖さんの本は、好きですね。有名なものがいくつかありますが、私は歴史史実を元に書いた「敦煌」が特に好きです。

単に私が「歴史好き」という事もあるのでしょうが(笑)。歴史関連の書物を見つけると血が騒ぎます。

この「敦煌」に出てくる主人公の趙行徳、そして朱王礼や尉遅光は架空の人物です。そうだと分かっていても、迫力のある描写には、夢中になりましたね。

でも、史実には忠実です。だから、フィクションとは思えない面白さがあるのでしょうか。

中国、宋代に行われていた科挙という試験。これに合格し、官吏になれば、欲しいものが全て手入るー。そう言われていたようです。この科挙の試験についてはいろんな資料を読みましたが、かなり凄まじいものだったようです。

この試験に合格確実だと思われていた趙行徳は、ある失敗から試験に不合格となります。

呆然として街を彷徨っていた趙行徳は、偶然出会った西夏という異国の文字に強く惹きつけられ、運命が変わっていくのですー。

宋の都から遠く離れ、徐々に滅んでいく運命になっていた敦煌の街に導かれていく趙行徳。すっかりのめりこんでしまい、一気に読んでしまいました。

20世紀になって敦煌の洞窟に隠されていた経典が見つかった、という話でこんなフィクションが出来上がるなんてー。

この本のおかげで、中国西域の歴史により強い興味を抱くようになりました。

登場人物の中で印象的なのが、尉遅光。欲の塊です(笑)。

どんな状況においても、利益を優先に考え、策略をめぐらせる。この尉遅光には、逆にたくましさを感じました。

生き残るのは、やっぱり、こういう人?でも、これ以上は書けません(笑)。これから、読む人がつまらなくなりますから。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!61

子供の好きな「なぜなぜ話」。こういうのって、単純で話の内容を忘れられないものですよね。

私も覚えているお話が多いです。

ただ、題名は出版社によって様々なので、自分の記憶しているものと違うことがあります。

なので、本屋さんで少し読んでみるとか、インターネット上だと本のレビューを読むとかして、「あ、このお話知ってる!」となります。

そらまめとわらとすみ」の場合、実は完全に題名を忘れていました(笑)。記憶力はあるつもりなんですが(爆)。

でも、そらまめとわらと炭が登場していて、お話の内容もよく覚えていたので、題名を見ただけですぐに気がつきました。

私は子供の頃からなぜかそらまめが大好きでした(食べるほうです)。

食べるたびに「そらまめの黒い筋がどうしてついたのか?」というこのお話の結末の部分を思い出していたのです。

実は、今もそらまめのさやを剥きながら、思い出すのですー。

単純で、「ありえない」お話なんですが、こういった種類のものには、いろんな教訓が含まれていますよね。

私は、「こういうことをすると、こうなっちゃうんだよ~。」なんて、ノリで子供には読み聞かせていました。

ま、今もまだ、読み聞かせをせがまれる事がありますが(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

いつか子供に読ませたい!45

女性の自立という言葉は、何かと引き合いに出されすぎて、現代ではもう古臭く感じてしまいますよね。

実際にその通りかどうかは別ですがー。

最初に「女性の自立」を謳ったイプセンの「人形の家」。私は、この本と中学生の頃に出合いました。

まだ子供だった私にも強烈な印象を与えた本でしたし、「女性の自立」というのを考えるきっかけとなった本でした。

夫と子供3人と幸せに暮す主人公のノーラ。何不自由なく暮らしていたノーラがある事件を引き起こし、それが夫にばれてしまいます。

夫に責められるノーラ。この夫に責められる最中のノーラの心境の変化が興味深いです。

戯曲なので、この場面ではノーラの心の中を書いていません。ノーラの言動のみの描写で、この心の変化を見事に表現しているのです。

最後の場面のノーラの言葉一つ一つも印象的ですが、ノーラの心境が変化していく場面が私にとっては一番強烈でした。

最後まで読めばこの題名の意味がよく分かりますし、もうひとつのテーマも見えてきます。

それにしても、この話の冒頭のノーラと何をすべきか悟る事ができたノーラとは別人ですね。おろおろする夫とは対照的です。

「女の凄さ」も感じました。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

復刊!!うれしいです

この間までユーズドしかなかった、「きんいろきつねのきんたちゃん」。

これが、とうとう復刊となりました!

私が大好きな本だっただけに、うれしいです!!

実は、このブログにアクセスしてくださる方も、この「きんいろきつねのきんたちゃん」を探していらっしゃる方が多いようなんです!!

やっぱり、リクエストが多くて復刊となったんでしょうか。

私はこの本が大好きで、字が読めなかった(読めるようになっても)小さい頃、何度も母にせがんで読んでもらっていました。

子供にも、実家に残っていたこの古い本を読んであげたのですが、やっぱり、お気に入りとなりました。

絵や文体が古めかしく感じますが、落ち着いたおだやかな雰囲気の漂う絵本です。そして、その中に言いようのない、動物たちの悲しさを感じます。

いつまでも忘れられないのは、やっぱりこういう本になるのでしょうか。

お父さんもお母さんもお兄さんも人間に捕まってしまったきんたちゃん。

でも、森の仲間と元気に楽しく暮らしています。

ある日人間が森に入り込んで土を掘り返し、そのうえ、きんたちゃんもとうとう人間に捕まってしまうのです…。

自然破壊は、今も昔も変わらない大きな問題です。行き場をなくしていく動物たち。親兄弟と離れ離れになる動物たち。人間に捕まったきんたちゃんの気持ち…。子供の絵本ですが、読んでいる大人も何だかせつなくなってしまいます。

この本の最後の場面は、今でも鮮やかに私の脳裏によみがえります。

一度は読むべき本のひとつだと思っています。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!60

日本で語り継がれているお話にも、面白いものはたくさんあります。

いろんなお話を読んだり、読んでもらったりー。

ただ、題名を忘れているケースが結構多いです(笑)。

なので、本屋さんで見かけても、お話の内容が想像つかなかったりします。

で、ちょっと読んでみると、[あ、これ知ってる!!」。

ま、随分昔の事なので、仕方ないんでしょうがー。それに、昔の本が、そのままの装丁で出版されていることも少ないですしねー。表紙を見ても分からないのは当然です。

そういうわけで、最近見つけたのが、「ふくろうのそめものや」。

題名を見ただけでは、話の内容が思い出せませんでした。で、読んでみたところ、私が結構好きなお話だったのです。

子供が好きな、いわゆるなぜなぜ話。

カラスがなぜ黒いのか、というお話です。

鳥たちは、ふくろうのところで美しく羽を染めてもらい、大喜び。

白い羽を自慢にしていたカラスも羨ましくなり、ふくろうのところにいくわけですがー。

カラスがユーモラスで、その結末には笑ってしまいます。

結構、単純で分かりやすいお話。民話口調で、子供は結構喜びました。

何よりも、私が懐かしくて喜んでしまいました(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!59

いろんな国の昔話に私は興味があります。

機会があれば、いろんな国の昔話を読みたいですね。

子供の頃からいろんな本を読んできましたが、この昔話というジャンルは、私にとっては、まだまだ未知の部分があります。

国によっては、日本にあまり出回っていないですしね。

最近は、インターネット上でいろんな本が検索できますし、もちろん注文だってできます。

子供が産まれてからは、大きな本屋さんや図書館で丸一日過ごす、という事ができなくなってしまいましたし…。本当に助かっています。

子どもに語る アジアの昔話〈1〉」もインターネットで手に入れた本ですが、私の知らない昔話がたくさん出ていました。

この本には、バングラディシュ、ベトナム、スリランカ、インド、イランなんかの昔話が出ています。こういった国々の昔話を私はあまり読んだ事がありませんでした。

どこかで聞いたような(似ている)お話もあれば、個性的なお話も…(私が知らないだけかもしれませんが)。

素朴で、知らないはずの異国の昔話なのに、何となく懐かしくて、読むのを止められませんでした。私は、「かしこすぎた大臣」が、お気に入り。なかなか辛口で、ギョッとするような結末です。

「ゴキブリがなぜ黒いのか」という疑問に答える、子供好みのお話も良かったです(題名:ちっちゃなゴキブリのべっぴんさん)。こういうお話を作るのは、どんな人だったんでしょうね(笑)。

子供向けの本ではありますが、振り仮名を振っていない漢字もありますので、小学校中学年以上のお子さんでないと、自分では読めないと思います。

でも、こういう昔話って、親が読んであげると子供は喜びますよね♪

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!58

小さい子供の「初めて…」って、見ているほうも、楽しいものです。

初めて犬を見たとき、初めて山を見たとき、海を見たとき、初めて虫を捕まえたとき…。子供の反応がかわいくもあり、楽しくもありました。

これが、ある程度の年齢(子供がお話できるようになり、お友達ができる頃)になると、「あの子は見たことあるのに、私は知らない。見たこと無い…」なんて具合になっていきます。

そんな、子供たちの心理や行動を書いた「ぼくだけしってる」。

絵もお話もほのぼのとした、かわいい絵本です。

このシリーズはいくつか出ているようです。

ふねを見たことがあるくまのこ。バスを見たことがあるうさぎのこ。

でも、きつねのこはどちらも見たことがありません。

「ぼくだけしらない…」。きつねのこはちょっと複雑。

他にも知らないことがたくさんあると知ったきつねのこは、すねてしまいますー。

この時期、子供にはこういうこと、たくさんあると思います。

子供なのだから、知らないことがたくさんあるのはあたりまえ、私はそう思っています。

でも、子供はそうではないようでー。私の子供もそうでしたからね。

そんなときは、「今度、見に行こうね♪」なんてよく言っていました。

それにしても、初めて見たものを、「見て見て!!」なんて言いながら親の所に教えるために駆け寄ってくる子供の姿はかわいいもの。

この本を読みながら、子供の小さい頃を思い出しました…。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

いつか子供に読ませたい!44

年末・年始に読んだ本の中から、もうひとつー。

この時期に読んだのは、自分の本棚にあった本ばかりです。「何となく懐かしくてー。」そう思い、いろいろ読みました。

ルナールの「にんじん」も読みました。

子供の頃に読むのと、親になってから読むのとでは、本当に感じ方が違う本ですね。

子供の頃は、やっぱり、「にんじん」と呼ばれる少年の肩を持っていました。「何て意地悪な母親なんだろう!にんじんの事、本当に嫌いなんじゃないの?」なんて…。

母親の行為が、「ただのいじめ」にしか見えなかったのです。

「にんじん」の兄や姉、そして父親も見て見ぬふり。場合によっては加担している…。そう感じていました。

だから、「にんじん」の残酷な行為も、あまり酷い事だとは思わなかったのです…。

でも、今回は違いましたね。

この「にんじん」の母親は、本当は、この子を憎んでいるわけでも、嫌っているわけでもない。愛情表現が下手で、凝り固まった考え方(そうなってしまったんでしょうが)で、やはり不器用な「にんじん」には通じないのだとー。

そして、母親も同じように、「にんじん」の愛情表現には全く気がつきません。

「私は、この子に憎まれているのかしら?」。母親は、そう思っているのでしょう。

そして、子供の頃には見えてこなかった、「にんじん」の子供特有のずるさや残酷さが、かなり目に付きました。

でも、この「にんじん」にも、大人になる過程に誰もが経験する「反抗期」のようなものが出てきて、成長する様子が見られます。

今も昔も共通するようなお話。

描写は結構残酷で、現実的。でも、簡潔で読みやすい文章ですね。

この本のマイナス部分のみを捉えるか、プラスに捉えるかー。その人次第かも。

ただ、「にんじん」の父親が、この母親を愛していないと判明する場面は、とても悲しいです。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

子供を本好きにするには大人が楽しむ!57

「子供に読ませたい!」と一番に思える本は、やはり、自分が子供の頃に読んで面白かった本、印象に残っている本(例えば涙が止まらなかった本、強烈な印象を残していて本の細かな内容を覚えてしまった本etc)です。

本屋さんで見つけた「てぶくろ―ウクライナ民話」。

実家に残っていないので、図書館で借りて読んだんだと思います。

「あ、この本…」と手に取り、その場で読みました(笑)。

私が覚えていた内容でした。一緒にいた子供に見せると「読んでみたい!」との事。

早速購入し、読んであげました。

話の筋は単純。子供が好む「繰り返し」が使われています。

おじいさんが森の中に暖かそうなてぶくろを落とします。そのてぶくろの中にいろんな動物が入ってきて、棲み処にするのですが…。

これとよく似たお話は他にもありますね。例えば、びんの中とかー。

で、この本の絵も細かくてきれいです。ちょっと昔懐かしい感じがします。

この本を読んで思うのですが、「こんなに動物がたくさん入れるてぶくろってどんな大きさ?」。

いろんな大きさの動物が来ますからね(どんな動物かを書くと面白くないので、書けません 笑)。

なんて現実的な事を思ってしまうのは、私だけ!?

ちなみに、子供は「このてぶくろ、暖かそう!!」でした(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

いつか子供に読ませたい!43

年末・年始で読んだ本の中には懐かしい「星の王子さま」もあります。

この本は新訳ラッシュのようですね。いろんな方の訳が出ています。機会があれば、いくつか読んでみようと思っています。

ただ、私はフランス語には詳しくないので(笑)、原書と比べて訳がどうのこうのとは言えません(笑)。

本を読むのが好きなので、そういった外国語も時間ができれば勉強していきたいものです。

話がそれましたが(笑)、偵察飛行の途中で消息を絶ってしまった、作者のサン=テグジュぺリ。この本との奇妙な一致が心にずっと引っかかっています。何ともミステリアス。

改めて読み直してみると、やっぱり「大人が読むべき童話」の部類に入りますね。心が透き通っていく、という感じです。

ただ、私自身、初めて読んだ子供の頃には、あまり感動をおぼえませんでした。

子供の目から見た、大人の社会への強烈な批判、風刺。だからこそ、子供の頃の心というのを見直す機会となりました。

この王子は、どうして語り手の前に現れたのかー。この王子は語り手自身の分身ではなかったのかー。読んだ後にいろいろ空想をめぐらしました。

何度も「星の王子さま」は読んでいますが、読むときはいつも、この本の中のように周囲の音が消され、静かで何も無い、という状態に入れます。

そして、乾いた冷たい空気が流れていきます。

少々、疲れていたからこの本を手にとって読んだのかもしれません…。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

いつか子供に読ませたい!42

あけましておめでとうございます。かなり遅れてしまいましたが(笑)。

実は年明け早々、風邪をひき、寝込んでおりました…。なので、本日より、再開です(笑)。

年末、年始と本を読む時間がありましたので、本棚にある古い本を何冊か読み直してみました。

私は、同じ本を何度も読むのが好きです。それも何年も経ってから読む、というのは格別ですね。

年齢を重ねると共に感じ方が違ってきますし、昔は理解できなかった部分が理解できるようになったりしますし…。

今回は久しぶりにゲーテの「ファウスト (第1部)」と「ファウスト (第2部)」も読みました。

「ファウスト」はいろんな出版社のものを読みました。

初めて読んだゲーテは詩集。その詩集の巻末にゲーテの作品がいくつか紹介されていて、その中の「ファウスト」が目に留まり、読んでみたいと思ったのです。

第1部に関しては、比較的理解しやすいと思います。

誰もが持っている欲望を実現しようとして悪魔のメフィストフェレスと契約してしまうファウスト。そして、グレートヒェンとの恋愛と悲劇…。

自分の経験や感情と重なり合うのを感じました。つまり、私も欲深く、欲しいものがあれば、ファウストと同じ行動をとってしまうのではないかと…。

第2部は少々難解ですが、何度も読むべきだと思いますし、奥深いです。

更に、ギリシャ神話についても勉強しておいたほうが良いのではないでしょうか。

私自身も、手元にギリシャ神話を置き、参照しつつ読みましたからー(今回もそうです)。

好きな作品ではありますが、未だにきちんと理解し切れていないと思います。

でも、よく考えてみると、この本の主人公ファウストは老人。

ある程度の年齢の方だからこそ、理解できる部分が多いのではないでしょうか。

私はまだまだ若輩者。

なので、年をとってからも、必ず読んでみたい本です(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »