« 久しぶりに… | トップページ | いつか子供に読ませたい!42 »

2005年12月26日 (月)

…マニア?!⑩

私は、実はホラーなんかも好きです。映画もよく見ますね(笑)。

小学校1年生の娘に同じ傾向が見られるので(きゃ~。こわいっ!!と言いながら、見るのを止めません…)、血は争えないかな、と(笑)。

結構、印象に残っているのが、レ・ファニュの「吸血鬼カーミラ 」です。

この本の中には、表題作「吸血鬼カーミラ」以外にも、こわ~いお話がいくつか収められています。

でも、やっぱり一番強烈だったのが「吸血鬼カーミラ」。

吸血鬼、というのは、子供の頃から怖いもののひとつですね。

吸血鬼を扱った映画がたくさんあり、それを見たことで、恐怖が知らず知らずのうちに、頭の中に刷り込まれてしまったのでしょう。

いるはずのないものなんですけどね~。

後は「血を吸われる」というのは、人間の本能的恐怖なんでしょうね。

話を戻して(笑)、今回は女性の吸血鬼のお話ですが、なんとなく、妖しい(妖艶な)雰囲気が漂っています。

つまり、ターゲットとなった女性の全て手に入れるー。女性が女性に抱く、恋愛感情というものを感じるからなのです。

ひょんなことから吸血鬼カーミラの正体は暴かれてしまうのですが、最後は吸血鬼になってしまった、カーミラの悲しみを感じました。

古い肖像画、古い屋敷、墓地…。いろんな描写が、このお話の気味悪さにいっそう拍車をかけています。

怖がりの方にはお薦めできません(笑)。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

|

« 久しぶりに… | トップページ | いつか子供に読ませたい!42 »

コメント

「カミラー」といえば本編もですが「ガラスの仮面」でマヤを
陥れ役をとった乙部の舞台に亜弓がわざと端役で出演し、主役を食ってしまうという挿話が印象に残っています。
本当はマヤが生まれながらの天才で、亜弓の方が努力家なのです。
「フランケンシュタイン」も「オペラ座の怪人」も怪人の方に感情移入をしました。
「怪物くん」のフラちゃん、絶対に服装のセンスが可笑しいと思います。
下に着ている赤と黄のシャツは囚人服なのだとしましょう。
水色の背広に紺のズボン、これも許しましょう。
しかし茶の靴だけは止めて下さい。
この場合は絶対に黒でしょう?

投稿: 鵺娘 | 2005年12月26日 (月) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106177/7789127

この記事へのトラックバック一覧です: …マニア?!⑩:

« 久しぶりに… | トップページ | いつか子供に読ませたい!42 »