« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!40 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!41 »

2005年10月24日 (月)

いつか子供に読ませたい!27

本の中の主人公だけでなく、その本の作者自身にもの凄く興味を覚えるーそんなことはありませんか?

私は、エミリ・ブロンテの「嵐が丘」が大好きなのですが、この本の主人公、ヒースクリフはかなり強烈な印象を残しています。

それと同時に、作者のエミリ・ブロンテにもかなり興味があります。

自分の家族・兄弟・姉妹以外とは、ほとんど接触しなかったエミリ。

このエミリの姉のシャーロットの回想録くらいしか、このエミリの性格や生い立ちの記録はないそうです。残っている文学作品もこの「嵐が丘」以外は、詩集が一巻あるだけだとか。

そんな彼女がいかにしてヒースクリフのような、強烈で悪魔的な人物を作り出すことができたのかー。とても興味があります。

作者の謎の部分が多いからこそ、よけいにこの作品は神秘的なのかもしれません。

この作品の登場人物はさほど多くはありません。ただ、同じ名前の親子が出てきたりするので、系図がないとちょっと分かりづらく、複雑かもしれません。

一言で言って、「復讐」の話です。

そして、この復讐の陰鬱さが、物語の初めからもやもやと浮かんでいます。初めは「復讐」なんて場面、どこにも出てこないんですが…。

私がこの本を読むとき頭に浮かんでくるのは、「いつも暗く、寒く、激しい風が吹き荒れる荒野」です。晴れ渡った明るい空なんかとても想像できません。主人公のヒースクリフの心情がそのまま出ているような風景です。

ヒースクリフに負けないくらいに激しい気性のキャサリン、破滅していくキャサリンの兄のヒンドリ…。

どの人物も強烈な印象を残します。

文学作品を敬遠される方はいらっしゃるでしょうが、この本は少し違います。

読み始めると、全く違う場所に自分がいるような錯覚に陥り、読むのを辞められなくなります。

なんとも言えない、不思議な本のひとつです。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

|

« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!40 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!41 »

コメント

確か「キャサリンとその夫の間に自分を埋葬してくれ」
とヒースクリフトが言う場面がありませんでしたか?
自分はヒースクリフトとずっと思っていましたが
(前に「愛の嵐」の事が書いてありましたね?)
あの番組を見ると主人公二人より、兄、大河原、猛の妻、お花
兄の彼女の気持ちの方が分かりました。
ローレンス・オリビエの映画が★★★★★

「金色夜叉」は読んだ事ありますか?
「僕の涙で曇らせて見せる」で台詞は終わっておらず延々と愚痴を言っているのです。
男の人に散々貢がせた上に・・・
という事件を耳にする度に「お金を出しても愛して貰えない富山の方が可哀そうなのでは?」と思えて来ました。

投稿: 鵺娘 | 2005年12月25日 (日) 16時34分

肝心な事を書き忘れました。ブロンデ三姉妹のうちのもう一人にすごく興味があります。

投稿: 鵺娘 | 2005年12月25日 (日) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106177/6542300

この記事へのトラックバック一覧です: いつか子供に読ませたい!27:

» 「嵐が丘」(エミリ・ブロンテ 阿部知二訳/岩波文庫) [びぶりおふぃりあ]
オススメ度:☆☆☆☆☆ オススメ対象:愛の乞食である私達みんな オススメポイント:怯むことなき粗野な確信 [続きを読む]

受信: 2005年10月25日 (火) 00時13分

« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!40 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!41 »