« いつか子供に読ませたい!25 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!39 »

2005年10月18日 (火)

いつか子供に読ませたい!26

読んでいる本の主人公が、何となく好きになれないことは、私にも時々あります。

「好きになれないのよね~。この本の主人公!」なんてよく聞くのが、「赤と黒」の主人公、ジュリアン・ソレルです。

でも世論(?)に反して、今の私はこのジュリアン・ソレルが好きなんです。

同じく本の虫の母に勧められてこの本を読んだのが、高校生の頃。「あなたには、ちょっと難しいかもね~。」なんて言われてしまいましたが(笑)。

で、やっぱり、少し難しかったです(笑)。「恋愛心理」なるものが、あまり分かっていなかったせい?(今もよく分かってなかったりして)

いえいえ。この本は、それが主題じゃないんですよね。恋愛小説じゃないです。

これに気がついたのは、ずいぶん後になるんですが…。

ナポレオン没落後の社会。階級社会の中でもがく、貧しい青年。

でも、その頭の良さと美貌(こんなところが、この主人公に惹かれてしまった要因のひとつかもしれませんが)を武器に戦い、そして破滅します。

限りなく打算的で、悪魔のような行動を見せることもありますが、恋愛や宗教に関してはきわめて純粋。二面性のある人物です。物語自体も、この主人公を象徴するように複雑に展開していきます。

再度読む機会があった私は、この本を読むのを止められませんでした。

以前とは考え方も立場も異なったから、ものすごく面白く感じたんだと思います。

単純な精神構造だった高校生の私には、こういった人物が理解しがたかったのでしょう。

何年か経って、同じ本を読み直すー。

本の面白さを再認識しました。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

|

« いつか子供に読ませたい!25 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!39 »

コメント

読んだことないわぁ。
本当にリーヴルさんって、たくさん読んでるね。
すごいわ♪これからも、いろいろ教えてくださいね。

投稿: ゆき | 2005年10月18日 (火) 19時57分

私は「赤と黒」が面白かったので、続けて「パルムの僧院」も読みました。
私はジュリアンと同じような野心家ですね。
だから逆にファブリスのようなロマンチストに惹かれました♪
原稿ありがとう~


投稿: 麻紀 | 2005年10月20日 (木) 00時22分

>ゆきさん
いえいえ、そんなことはないです。
「本の虫」というだけで…。
まだまだ読まなきゃならない(読みたい)本が
たくさんあります。

>麻紀さん
「パルムの僧院」も読んだんですね!
う~ん。
私も野心家なのですが、ジュリアンの方が好きです。
でも、違うものに惹かれる気持ちもよく分かります(笑)。

投稿: リーヴル | 2005年10月20日 (木) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106177/6452803

この記事へのトラックバック一覧です: いつか子供に読ませたい!26:

« いつか子供に読ませたい!25 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!39 »