« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!41 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!42 »

2005年10月26日 (水)

いつか子供に読ませたい!28

別にこれと言って何も起きていないのに、話の冒頭から異様な(暗くて、少し怖くて、何か起こりそうだと感じさせる、ということです、私流に言えば。)雰囲気が漂っている小説ってありますよね。

作者の文体、描写、登場人物の心理状態の表現の仕方によるのだと思います。

で、私は、この異様な雰囲気の漂う文章が好きなのです。

本屋さんで小説を買うとき、数ページ読んでみます。で、異様な雰囲気を感じたら…購入してしまいます…。これで、何冊購入してしまったことか!!

でも、これにつられて購入した本が、必ずしも面白かった、とは言い切れませんが(笑)。

そんな異様な雰囲気を感じて購入してしまった本の中に、安部公房さんの「砂の女」があります。

この本は最初から最後まで異様です。不気味です。

登場人物もみんなどこかおかしいですね(笑)。

でも、笑っていられないほどの恐怖も感じました。

簡単に言ってしまうと、「あり地獄に落ちた人間の話」です。

あり地獄の底にいるのはもちろんありではなく、人間の女です。

落ちるのは男。

男は逃げ出そうとするのですが、次第にその気力も失くしていきますー。

監禁状態の男は、あり地獄の穴の外(自分の元の生活)が、現実のものと感じなくなってしまうのです…。

こんな異常な世界ですが、何となく起こりそうな気がしてぞっとしました。

下手なホラー小説より怖いです。

面白かった、と言えばそうなのですが、読んだ後に何とも言えない、妙な感情が残ったのは事実です。

確か、映画も(ドラマ?)一度見た記憶があります。

モノクロで、本に負けないくらい、不気味でした…。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

|

« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!41 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!42 »

コメント

原稿ありがとうございました♪
それから安部公房は私も好きです。
全作品読んでますが・・・
「砂の女」がいちばんですね。
でも映画?は見てないです~見たい~~

投稿: 麻紀 | 2005年10月26日 (水) 16時20分

>麻紀さん
私も「砂の女」が一番です。
映画(ドラマだったかもしれない
のですが)、岸田今日子が穴の中に
いる女の役で出ていました。

投稿: リーヴル | 2005年10月27日 (木) 09時13分

阿部公房は娘の名を「グスコーブドリの伝記」から取ったのですよね?
「燃え尽きた地図」も映画化されてます。

投稿: 鵺娘 | 2005年12月25日 (日) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106177/6615212

この記事へのトラックバック一覧です: いつか子供に読ませたい!28:

« 子供を本好きにするには大人が楽しむ!41 | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!42 »