« いつか子供に読ませたい!⑧ | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!⑱ »

2005年8月 2日 (火)

いつか子供に読ませたい!⑨

親としては子供にいつか読ませたい作家というのはいろいろあります。

エドガー・アラン・ポオももちろんそうですが、海外の作家としては、他にアレクサンドル・デュマも読ませたいと思っています。

この人の作品はとにかくおもしろい!の一言につきます。読む人を飽きさせないストーリーと申しましょうか、そういった作品が多いですね。文学作品を敬遠している方にもおすすめの作家です。

私が一番お気に入りなのは、「三銃士」と「モンテ・クリスト伯」ですね。特に「三銃士」は映画もお薦めです。派手な場面が多く、かっこよくてかなり楽しめます。大好きですね。

「モンテ・クリスト伯」はかなり長いお話(私が所有しているものは単行本で7巻まであります)なのですが、とてもおもしろいので、どんどん読めてしまいます。

他には「王妃マルゴ」がありますね。フランス、ヴァロア朝最後の王妃、「マルグリット・ド・ヴァロア」について詳しく書かれた、かなりドラマチックな物語です。歴史好きな方はもちろん、歴史にあまり興味がない方にもお薦めです。特に「恋愛もの」が好きな方には…。

王妃マルゴ(字幕/ワイド)」(ビデオ)もありますが、こちらもお薦めです。本を読む前にこのビデオを見るのも良いと思います。中世の人々の残酷さや権力に対する欲望なんかがリアルに描かれていました。

「いつか子供に読ませたい!」という表題から多少外れてしまいましたが、こういった文学作品の映画を見るのも悪くないですね…。

*ランキングサイトに参加しています。いつもクリックありがとうございます。

ここをカチッとお願いします!!

|

« いつか子供に読ませたい!⑧ | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!⑱ »

コメント

こんにちは 

私が子供のときにこういうのがあれば
よかったなぁ。

わたしはまだ子供がいませんが、
できたら参考にさせてください。

ポチっとかえります

投稿: ふくちゃん | 2005年8月 2日 (火) 16時19分

「ダルダニアン物語」も講談社文庫で11巻あります。
これも今や全巻揃えるのは難しいと思います。「鉄仮面」も
この中の一冊ですね?
昔、アニメがあったのですが、不倫というテーマをさける為に
コンスタンツエを姪にしたのはいいのですが、アラミスを女にするという暴挙に・・・
ロシホールを初めとして敵キャラの方が魅力がありませんか?

「がんくつ王」を読んだ小学生の時、ダンテスは「かなり鈍いんじゃないの?」と思いました。
転校生が「村」のルールを平気で破ってしまうのと似ているとすら感じました。
カドルッソスを除いては敵の方により多くの感情移入をしていました。(特にビルフォール検事総長)
黒岩涙雨の「岩窟王」もあります。

投稿: 鵺娘 | 2005年12月25日 (日) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106177/5276171

この記事へのトラックバック一覧です: いつか子供に読ませたい!⑨:

« いつか子供に読ませたい!⑧ | トップページ | 子供を本好きにするには大人が楽しむ!⑱ »